MENU

トイレをすぐに消臭する方法

生活をしていると、食中毒やそのほかにも食べすぎや飲みすぎ、ストレスなどによって、胃が痛くなったり下痢などの症状がでてしまうことがあります。また、風邪などを引いた場合など、病気によっても下痢の症状に悩まされることもあるでしょう。下痢をしてしまうと、腸内で水分などがほとんど吸収されない状態で排便してしまうため、水のような状態や固形の状態を保ってない便が排出されることになります。また、下痢をした場合には、その臭いの強さも問題です。自分の体内から出たものではありますが、それでもその臭いをかいでしまうと、自分でも不快な気持ちになってしまうでしょう。しかし、下痢の症状の時にはある程度仕方ないと諦めるしかありません。
ですが、自分でも不快な気持ちになるものを、他の人はどう思うだろうとふと考えてしまいます。トイレを使用して、流したとしても、一時的にその臭いはトイレ内に停滞しているでしょう。その臭いをなんとかしないと、次に誰かがトイレを使う時に不快な思いをさせてしまうのはちょっと気の毒です。
対策をするならば、消臭用のスプレーなどを準備しておきそれをトイレの便器に振りかけておくことである程度臭いを抑えることができるでしょう。自宅のトイレならば、トイレ内に消臭スプレーをあらかじめ準備しておき、済んだらスプレーをかけておくことで臭い対策になります。また、トイレに換気扇がついている場合には、換気扇でできるだけ早く、臭いがトイレから排出されるように対策をしましょう。少しでも早く臭いが軽減できれば、次に入った人が不快にならずに済みます。また、トイレに窓がある場合も、少し窓を開けて空気を入れかえることで対策をすることも大切です。場合によっては換気扇などがついていないトイレの場合には、窓を開けて外の空気を取り入れることで対策しましょう。
また、トイレに最初から消臭用の市販グッズなどを設置しておくことで、臭いを軽減、消臭効果に期待するのも1つの手段です。消臭効果があるため、それほど時間をかけずに不快な臭いを抑えてくれることでしょう。
ですが、下痢の臭いは強烈です。そのため普段から下痢などにならないように、自身の健康管理をしておくことも大切なことです。食生活の改善はもちろんのこと、生活習慣の見直し、そしてストレスの軽減などをすることにより、胃や腸の負担を減らし、また、善玉菌が増えるように食生活を改善していきましょう。適度な運動をすることで腸内の動きを活発にする効果をうながすことも、下痢や便秘などの対策になり、腸内環境が改善されれば、おならなどをした場合でも臭いがそれほどきつくならない場合もあります。
ストレスが溜まることでも、便秘や下痢などの症状を訴える方はいます。ストレスは胃腸に対してかなりの影響を与えることがあるため、普段から、精神状態を安定させること、また、ストレスが溜まらないようにリラックスできる生活環境を整えていくことも大切です。また、気分転換をしたり、遊びに行き、ストレスを解消していくことも、腸内環境を安定させるためには必要なことです。
その他にも、適度な運動をして、胃や腸の動きがよくなるように、心がけ、定期的な運動をする習慣をつけることも重要です。運動をすることは、体の健康維持にもつながり、体の機能を正常化していくことにもつながります。胃や腸だけでなく体全体の健康維持をしたいならば、適度な運動を心がけていくことはとても重要です。
さまざまな対策をすることで、胃や腸などの動きを活発にし、また善玉菌が増えるような食生活を心がけ、下痢や便秘などの症状に悩まされない腸内環境にしていけるように、日々改善を心がけていきましょう。