MENU

おならの音をなるべく静かにする方法

人前でおならをしてしまい恥ずかしい思いをしたという失敗談を持つ人も少なからずいることでしょう。何とか我慢しようとしていても、自分の予想に反して、大きな音が出てしまうことはよくあることです。特に女性は男性と比較して、音や匂いを気にして人前でおならをすることに大きな抵抗感を持っていたり羞恥心があることから、ギリギリまで我慢しがちであり、それがよりお腹に空気を溜め込んでしまい、結果として大きな音を発生させてしまう原因になることがあります。さらに、空気嚥下症などや歯の?みしめにより普段から多くの空気を飲み込む癖があったり、ストレスなど精神的なことが原因でガスが溜まりやすい体質の人はおならが出やすくなってしまうこともあります。もちろん、お腹の調子が悪い時、便秘をしている時や胃腸に関連する病気になった時にもガスが発生しやすくなります。病気の疑いがある時にはすぐに医療機関を受診して精密検査を受けるなど、医師の診断を仰ぐ必要がありますが、病気の心配がなく、音を何とかしたいと思う場合、どのようにすれば良いのでしょうか。なるべく音を静かにさせるには、とにかくガスを溜め込みすぎないようにしましょう。お腹にガスが溜まれば溜まるほど、音が大きくなってしまう傾向があります。そのため、我慢せずに少しずつこまめにガスを外に出すことで、大きな音が発生してしまうことを防ぐことができます。またガスを出す時にはむやみに力を入れてしまうと、それが音をより大きくしてしまう原因となってしまうことがあるため、力を入れすぎずにガスの排出を上手にコントロールすることも大切です。そもそも、ガスの音に悩んでいる人は、普段からガスの量が多かったり、腸がガスでパンパンになっていることがあります。そのため、音をなるべく静かにするという努力の他にも、ガスが発生する原因となることを取り除くことを普段の生活の中で実行することも重要です。まずは食生活を見直してみましょう。食べ物にはガスが発生しやすいものや悪臭の原因となるものがあります。食事が肉類に偏っていたり、ニンニク、玉ねぎ、ニラを過剰に摂取しているとガスが溜まりやすくなってしまったり、悪臭が発生する可能性が高くなります。そのため、できるだけ野菜中心の食事を心がけ、消化に良いものを意識して食べるようにすることで、腸内環境が改善されます。善玉菌を増やすためにも、乳酸菌が含まれた食べ物や飲料を意識して摂取することも良いでしょう。これにより、便通が改善され、ガスが腸内に異常に溜まることを避けることができます。食生活の他にも、適度な運動を普段の生活に取り入れることで、お腹の中に溜まりがちなガスを運動する中で排出することができます。また、不規則な生活をしていると、それが便通にも影響を及ぼすことがあるため、早寝早起きを心がけ、排便のリズムを整えることも大切です。最近では、「人前でおならをしてしまったらどうしよう」と神経が過敏になり、このようなストレスに起因してガス溜まりの原因になっている人も増えてきていいます。緊張したりストレスを感じるほど、無意識に空気を飲み込んでしまうことから、胃や腸にガスが溜まってしまい、げっぷやおならが頻繁に出たり、吐き気など気分が悪くなったり不快な症状に悩まされている人がいます。どんどん症状が悪化してしまうことがあるため、尋常ではないくらい頻繁に出るおならや音に悩まされている場合には、一度医療機関を受診して、医師に相談してみても良いでしょう。まずは普段の生活から見直してみて、それでもどうにもならず、ストレスが大きくなるようであれば、医師の診断や専門家によるカウンセリングを受けることも考慮してみましょう。