MENU

考えられる病気は?

おならは人間だけでなく動物なら必ず外に出す事になる有害なガスです。しかしおならが出る事自体は病気ではありません。人間は空気を吸いますが、吸った空気を全て吐き出せる訳ではありません。一部の空気は腸にたどり着き、細菌を外に出すおならとなって外に排出されます。そのままなら臭くなる事はありませんが、腸内にある悪玉菌が原因で臭いが強くなってしまいます。また、この悪玉菌自体も有害なガスを出してしまうので悪玉菌が腸内に多い方はおならも臭くなってしまいます。しかし、だからといっておならをそのまま出さないままにしておくのは危険です。有害なガスを外に出す事が出来なくなるので体に悪影響が出るだけでなく、ガスが全身を回る事で息として排出されてしまいます。おならがそのまま口から出る事になるので、口臭に悩まされてしまう危険性が高いです。異常に臭い時に何らかの特別な病気にかかっている可能性が高いですが、かかっている可能性がある病気の種類は様々です。元々臭いが強くなる悪玉菌が増える原因は複数あります。臭いが酷くなる原因の一つとして挙げられるのが食生活の乱れです。毎日偏った食生活を送っていると便秘になりやすくなります。こうなると腸内の汚れが外に出にくくなってしまうので、悪玉菌も増えてガスの臭いも強くなります。また、これ以外の原因でも便秘になる原因は複数ありますが、便秘自体が最も臭いが強くなりやすい原因なので気をつけましょう。他にもストレスが原因で臭いが強くなる事もあります。ストレスと胃腸の状態は大きく関係があり、ストレスが原因で胃腸の病気にかかってしまう事もあります。ストレスの解消をするにはゆっくりと休める時間を用意したり、ストレスをすっきりと無くせるような娯楽を見つける等の対策方法を探しておかないといけないので必ず気をつけるようにしましょう。ガスの臭いが強くなるという事はストレスや生活習慣、食生活が原因で体に何らかの悪影響が出ているという事になるので、クリニックで相談をすると予想もしていなかったような病気を早期発見出来る可能性もあります。ガスの臭いが強い状態のままで放置しておくととても危険なので、すぐにでもクリニックで相談をするようにしましょう。最悪の場合は大腸ガンやヒ素中毒、憩室炎と言った治療するのが難しいような重い病気にかかっているケースもあります。人間の体は歳を重ねる毎に少しずつ弱って行ってしまい、体内の臓器もしっかり動けなくなっていきます。このせいで高齢の方は胃腸も弱りやすく、ガスも臭くなってしまう可能性が高いです。こればかりは対策方法が無いので胃腸に負担をかけないように気をつけるようにしましょう。病気にかかっている事がわかっていても一時的に嫌なガスの臭いを抑えるなら消化に良い食事を選びましょう。消化し辛い食品は胃腸が無理に消化しようとしてかなり負担がかかってしまいます。消化に良い食品でも栄養が取れる物は沢山あるので臭いを抑えたい時に効果的です。他にも便秘解消する為に運動をしたり、何らかの成分を摂取する方法も効果的です。消化に良い物を選ぶ方法と比べるとすぐに効果が出る訳ではありませんが、便秘が解消する事で臭いが無くなる可能性も高く、場合によっては便秘が原因で臭いが酷くなっている事もあるのでこの方法が効果的な事もあります。ストレッチをすると便秘解消しやすくなるだけでなく、胃腸にも効果が出てくれる方法があるので便利です。臭いが強いからと言って無理に我慢しようとすると何らかの症状が進行してしまう場合もあるので回数が減る様に食生活や生活習慣を見直すか、クリニックに相談するようにしましょう。