MENU

お腹がはるおならを治す方法

お腹がはってしまうと、かなり不快感があります。普段生活をしていると、お腹のはりが気になっておならをしたくなったり、したいのにうまく出せずに、余計にお腹がはってちょっと苦しい気持ちになることもあるでしょう。
お腹がはってしまう原因として、腸内環境があまりいい状態でない場合があります。
消化不良や食生活の乱れ、また、ストレスなどによっても、腸は影響を受けるため、自分の生活を見直して、改善点をみつけていきましょう。
食べすぎや飲みすぎによって消化不良になることもあります。毎日のように、乱れた食生活を続けていると、栄養バランスなども崩れてしまい、体調不良になりやすく、また、胃や腸にも負担をかけ、下痢や便秘などといった症状にもなりかねません。腸にガスが溜まりやすい場合には、そのような腸内環境を改善していくことが大切です。そのためしっかりと食生活を改善していくことが大切です。栄養バランスのとれた食事を心がけ、また、食べすぎや飲みすぎに注意しましょう。仕事の付き合いなどで外食が多かったり、飲み会に参加することが多い場合には、自宅で自炊をして、栄養管理、食生活を改善していくことは難しい場合もあります。ですが、付き合いなどの場合でも、ある程度、お酒を飲む量を控えたり、脂分の多い食べ物や消化しにくい食べ物、揚げ物のたぐいなどを食べるのを控えたり、消化によい食べ物を積極的に食べるなどして対策をしましょう。外食をしなければならないからと、諦めずに自分にできる範囲から改善を心がけることが大切です。また、腸内で発酵しやすい食べ物などもある程度控えることも大切です。サツマイモなどのイモ類、また豆類などは、腸内で発酵し、ガスがでやすい傾向があります。そのため、イモ類や豆類を好んで食べていると、腸内でガスが溜まりやすくなります。それに加えて腸内環境が荒れていることで、腸内にガスが停滞しやすく、お腹がはる状態になりやすい傾向もあるため、できるだけそのような状態にならないために、イモ類や豆類は多量に摂取せずに適量、もしくはある程度控えることも大切です。
また、食生活以外でも、ストレスにより腸内環境が悪化することも考えられます。緊張しやすい、または、人前にでるとあがりやすい方、不安や悩みを抱えやすい場合には、ストレスが溜まりやすい傾向があります。ストレスが溜まることにより、体にはさまざまな不調をきたすことにもなりかねません。自律神経やホルモンバランスの乱れにつながることもあり、体の機能が正常に働かなくなったり、また、肌荒れや抜け毛など、体の表面、また見た目などにもある程度影響を及ぼすこともあります。そのため、ストレスなどはできるだけ溜め込まず改善する必要があるといわれていますが、このストレスが胃や腸にも悪影響を及ぼすことがあり、腸内環境を荒れさせる原因につながります。そのため、腹痛、そして便秘などの症状となり現れることもあり、その流れで、腸内にガスが発生しやすい環境が整ってしまうこともあります。
ストレスを改善することは、体の機能の正常化や、その他にも腸内環境を整えることにもつながり、さまざまな影響を体に与えます。そのため、ストレスを発散できるように、適度な運動をしたり、また、気分転換のためにショッピングや旅行などにでかけてみるのもいいでしょう。気分をリフレッシュすることで、ストレスをうまく軽減していきましょう。
腸内の状態悪化を防ぐために、そのほかの対策として、運動をすることで腸内の動きを活発にし、便秘を解消したり、ヨーグルトを食べることで、腸内環境を改善していくこともお腹のはりの改善につながるでしょう。