MENU

便の臭いが異常に臭い

普段、トイレに入り排便をする際に、便の臭いが異常に臭いと感じた方もいるでしょう。その日によって、便なども状態や、臭い、色などにも違いがありますが、毎回便を確認してみるのも、自分の健康状態の把握などに役立つことがあります。
いつもは、便の臭いが臭いとは感じないのに、便の臭いがきついと感じる場合には、何らかの原因があります。腸内環境が荒れていたりする場合、腸内において悪玉菌の量が多くなっていることが考えられます。また、腸内の動きが活発でない場合などは腸内に便が溜まり、ガスを発生させたり、便秘状態で長時間便が腸内に溜まっていたりすることでも、臭いなどが強まる可能性があります。腸内環境が悪化し、便の臭いなどが強まっている状態は、口臭や体臭などにも影響が出る場合があります。そのため、できるだけ腸内環境を改善していき、便の臭いを抑え、口臭や体臭などに影響がでないように、対策をしていくことが大切です。
悪玉菌の増加を防ぐためには、善玉菌を増やし、腸内環境をできるだけ改善していくことが大切です。食事でヨーグルトなどの乳製品などを積極的に摂取することで、ある程度腸内環境の改善に役立つでしょう。また、胃や腸に負担がかかるような食生活をしている場合には、暴飲暴食、偏食を控え、バランスのよい食事を心がけることも大切です。
また、ストレスにより腸内環境が荒れることもあります。ストレスを溜め込んでしまうような生活環境のなかにいると、精神的にも不安定になり、精神病にもかかりやすくなるだけでなく、体にとっても悪影響がでやすい状態になります。胃や腸にとってもストレスは悪影響となりえるため、できるだけストレスを溜めない生活を心がけ、また、悩みなどがある場合には周囲に相談したり、アドバイスをしてもらうことで悩みを解決に導きましょう。前向きな考え方を持つことも、ストレスを溜め込まないためには必要なことです。
その他にも、腸内活動を活発にすることで、便秘などの対策をしておくのも有効な手段でしょう。運動不足の場合には、腸内の活動が鈍くなる傾向があります。また、普段からあまり体を動かさない方の場合には、エネルギーをあまり消費しないため、お腹などもあまりすかないことも考えられます。その状態で食事をしてしまうと、食べすぎになり、肥満の原因になることもあるでしょう。肥満になることで、生活習慣病などさまざまな病気になる可能性がでてくるため、健康のため、また胃腸の動きを活発かするために、適度な運動をする習慣を身に着けるようにしましょう。
運動することは、健康を維持するために大切なことです。ですが、運動不足の方が激しい運動やスポーツを始めてしまうと、体への負担が大きく、かえって体にダメージとなることも考えられます。体力や筋力がある程度ついている状態ならば、問題ありませんが、運動不足で普段ほとんど体を動かしていないならば、体力や筋力がかなり低下している可能性があります。そのため、まずは無理をせずにウォーキングやストレッチなど軽い運動をすることから始めるといいでしょう。無理なく体を動かす習慣を身に着けることで、少しずつ体力や筋力をつけていき、鍛えたら、そこから運動量を増やしたり、スポーツなどをしてみることで、適度な運動をしていくように、段階を経て運動量を増やしていきましょう。
便秘になると、便が腸内に溜まり、なかなか排便できません。そのためガスが溜まりやすくおならなどもかなり強烈な臭いになることもあります。便の臭い対策として、またガスなどが溜まらない、健康的な胃腸を維持するためにもさまざまな対策をして、臭いを改善していきましょう。