MENU

にんにくを食べるとオナラが臭くなる

おならは、「屁」や「ガス」といった呼び名もありますが、
肛門から排出される気体のことです。

 

私たち人間が生きていく中で、万人が毎日してしまう生理的現象で、
当たり前のことではありますが、肛門から出る、音がする、嫌な臭いがするといった面で、
あまり良い印象を持たないのが実情です。

 

おなら発生のメカニズム

 

まずは、メカニズムについてご説明します。口に入れた食べ物は、
食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸、肛門の順に通り、
それぞれの器官で、栄養分の吸収と消化・分解が行われ、

 

不必要になったカスが便として体外に排出されます。

 

食物を食べる際、飲み物を飲む際に、空気も一緒に体内に取り込みますが、
これがおならのもとになると言っても過言ではありません。小腸で消化吸収されなかった食べ物は、
大腸に送られ、そこに住む腸内細菌(善玉菌、悪玉菌など)で、

 

更に分解されますが、この時にガスが発生します。ある程度のガスは体内に吸収されますが、
吸収しきれなかったものが、飲み込んだ空気と一緒におならとして肛門から排出されるのです。

 

次に臭いに関してご説明します。あなたも経験があると思いますが、日によってものすごく嫌な臭いの時もあれば、
あまり臭いが気にならない時もあるでしょう。

 

臭いが強い時腸内環境が乱れており、臭いが気にならない時は、腸内環境が良好に保たれている証拠とも言えます。
臭いは腸内環境と食べたものによって、大きく左右されます。

 

では、代表的な臭いのもとであるにんにくを食べるとおならが臭くなるのはなぜでしょう。

 

にんにくでおならが臭くなる理由

 

まず、にんにくは、スタミナ食品の代表で、疲れた時に食べると元気になるとも言われていますが、
刺激が強く殺菌効果も高い食べ物です。

 

にんにくを食べることにより、腸内細菌(善玉菌、悪玉菌など)のバランスが崩れてしまいます。

 

具体的には、にんにくの殺菌効果で善玉菌が減少します

 

。善玉菌が減少すれば、悪玉菌が増加してしまうため、消化吸収の効果が低下し、
腸内にカスが多く残留してしまいます。

 

このカスが嫌な臭いを発生させる原因となるのです。

 

この腸内環境のバランスの乱れが、臭いの原因と分かれば、腸内環境を戻してあげれば、
臭いも弱まるということですので、ヨーグルトなどに含まれる善玉菌の代表の乳酸菌を摂ることをおすすめします。

 

>>当サイトがおすすめする善玉菌増やすサプリメント<<

 

 

また、にんにくの臭いは、息や汗などからも出てくると言いますので、
水分を多くとり、身体の代謝を上げることも、臭いをなくす方法のひとつです。

 

 

次に、にんにくには、硫黄化合物が多く含まれています。
ねぎやニラなども同様ですが、これらの硫黄化合物の多い食べ物が、大腸で分解される際は、
硫化水素や二酸化硫黄、スカトールといった臭いの強いガスが発生します。

 

 

おならの臭いが臭くない食べ物

 

 

したがって臭いが臭くなるのです。逆に臭いが気にならない食べ物は何でしょう。

 

それは、食物繊維が多く含まれた食べ物です。いも類が代表的ですが、
これらが大腸で分解される際は、メタンガスや水素ガスが発生しますが、
臭いがないガスのため、おならも臭くならないのです。

 

また、食物繊維の多い食べ物は便の通りを良くすることが知られていますので、
大腸内にカスが残留しにくくなることも、臭いの発生を抑制することにつながるのです。

 

最後に、周りを気にしすぎて、おならを我慢することは、決して良いことではありません。

 

我慢しすぎると、小腸まで逆流し、そこで血液中に臭いが取り込まれてしまいます。

 

全身をめぐる血液は、肺まで到達し、呼吸することに口から嫌な臭いがする場合もあります。

 

ですので、大腸がんなどの患者は、がん細胞ににより、腸内が侵され、口から便臭がするといったことが起こり、診察時の判断材料となるわけです。
食べ物に気を付けながら、程度な運動を行い健康を保ちましょう。