MENU

朝おならが多い原因は?

おならは、肛門から排出される気体のことで屁やガスとも呼ばれます。
人間に限らず多くの生き物の生理現象です。

 

その気体の元となるのは飲み込んでしまった空気であったり腸内で発生したガスになります。

 

ガスに関しては、食べ物のカスが、小腸の下部や大腸で腸内細菌の作用によって
分解されるさいに発生するものです。

 

実際には発生したガスは、その多くは腸管から吸収されてしまいますが、
このうち吸収しきれなかった気体が肛門から排出されるというものです。

 

おならが出ること自体は腸内に溜まっている気体、つまり飲み込まれた空気や発生したガスを
排出する正常な生理現象になります。

 

この気体の放出が上手くいかない状態になると、気体によって腸内が圧迫され腹痛の原因にもなります。

 

おならの量は、人や環境によって大きく変わってきますが、
平均的には大人で1日に合計0.5リットルから1.5リットル程度の量を
5回から20回に亘って放出するとされています。

 

その気体の由来としては飲み込んだ空気であり、食べ物や飲み物を身体に
取り込むさいに一緒に飲み込まれたり、

 

知らず知らずの口呼吸などで取り込まれたものがほとんどです。
これらは空気ですので、臭いはしません。

 

またイモ類などの食物繊維の多いものは、大腸で乳酸菌などによって
水素やメタンのガスが大量に発生しますが、それらは全く無臭になります。

 

一方で臭いのするものに関しては肉やネギ類、ニンニク、ニラなどの硫黄分が多い
食べ物を摂取した場合に、大腸でウェルシュ菌などで分解されますが、

 

そのさいに腐敗して硫化水素、二酸化硫黄などのガスが発生し、また強い臭いが発生します。
また食べ物の臭いそのものがするものでは、それらの臭いが由来ともなります。

 

いずれにしても臭いとなるのは腸内の状態によって発生します。
また臭いに関しては食べ物に由来するもののほか病気も考えられます。

 

消化器官である胃、腸のほか肝臓、胆道、膵臓などの病気によっても
不快な臭いのガスが発生するとされます。

 

このため食べ物によって臭いの強くでるものをあまり食べていないにも関わらず
不快な臭いがするおならが出た場合には病気が原因である可能性があります。

 

寝起きのおなら

 

おならが出やすいタイミングとしては寝起きがあります。これは寝ている間に腸内でガスが発生して
溜まりやすいためです。

 

寝ている間も知らない間に出ていることもありますが、その多くは体内に留まり目覚めとともに放出されます。

 

寝ている間に溜まる原因としては就寝前に飲食を行った場合などは腸内でガスが発生します。
また炭酸飲料では腸内で炭酸ガスが発生して溜まりますし、

 

またいびきをかいている場合には口から大量の空気が体内に取り込まれます。
過度のストレスにある状態でも副交感神経での胃腸の消化機能のコントロールが低下することで、
結果としてガスが溜まりますなります。

 

いずれにしてもおならが多い原因としては、体内に空気が多く取り込まれる、
腸で細菌などによって食べ物が分解することで発生します。

 

また発生した空気やガスは腸内に留まることで腸を圧迫し腹痛の原因になります。
このため放出されること自体は正常な作用といえます。

 

しかし、その量を減らしたい場合には、空気の取り込みやガスの発生を抑えることがポイントになります。
寝ている場合に空気が取り込まれる原因であるいびきを抑えるために寝ている
姿勢に気をつけるといったことで体内への空気の取り込みを抑えることができます。

 

また寝る前の飲食を避けることも大事ですし、腸内環境を改善したり運動によって
腸の働きを良くすることでもガスの発生を抑えたり、
またガスが発生しても、腸内で吸収されやすい環境を作ることができます。