MENU

おならがよく出るのは病気

おならをしない人間はいない
あまり知られていないかもしれませんが、個人差はあるにせよ多くの人は1日に5〜20回ほどのおならをしているのが普通だと言われています。「消化器系の手術をした後、患者さんの経過判断をするのに確認指標のひとつになるのが『おなら』」とも言われるほど、おならが出るということは、大腸や小腸などがバランスよく働いてるという証拠。それ自体は病気ではなく、むしろ健康のバロメーターと行っても過言ではありません。イヤな臭いもほとんどせず、腸内環境が良い状態に整えられているサインとも考えられます。

 

臭いニオイは「腐敗型ガス」が原因

おならの正体は「ガス」と言われますが、実はその約7割が口から入った空気。残りの約3割が、腸内で細菌が食べ物を分解する際に発したガスで、そのガスも「発酵型ガス」と「腐敗型ガス」の大きく2種類に分けれます。一般的に問題がないとされているのは「発酵型ガス」の方で、逆に、不快な臭いがあり、回数も多くなりがちなのが「腐敗型ガス」。これは、肉類などの消化しにくいタンパク質や脂肪分の多い食生活をおくっている人や、不規則なライフサイクルで腸内で消化がしきれていない場合に発生しやすいガスと言われます。ガスは腸内に悪玉菌とともに溜まっていることもあるため、身体にもさまざまな悪影響を与える可能性を指摘されています。

 

病気の可能性1「大腸がん」

あまりに頻繁に出過ぎるような場合、疑われるのがまず「大腸がん」です。これは、大腸にできたがん細胞が、壊死することにより腐って悪臭を放ち、ガスとして放出されるためと言われます。また、腸の中で出血が起こると血液のニオイも充満し、それらが混ざると悪臭になります。あまりにも慣れない匂いがあるなど心配があれば、大きな病院などで検査することをおすすめします。

 

病気の可能性2「憩室(けいしつ)」

 

もうひとつの可能性として疑われるのは「憩室」です。あまり聞きなれない病名ですが、成人の10人に3人程度は発症していると言われています。大腸にくぼみがたくさんできる病気ですが、その状態では普段これいった自覚症状があるわけでなく、本人が気づかないままの場合も少なくなりません。しかし、そのくぼみが炎症を起こして「憩室炎」となると、臭いの強いガスが出ることが多く、そのほか腹痛や下血をともなうこともあります。場合によっては緊急手術となつケースもあり、おならはそうなる前の身体のサイン。気になる症状があるようなら、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

 

病気の可能性3「過敏性腸症候群(IBS)」

先に紹介したふたつより軽い症状とも言えますが、そのぶん慢性的にもなりやすい病気です。下痢と便秘を繰り返すのが典型的な症状ですが、ガスが出やすくなる人もいるともいわれます。特にこの症状の場合、ガスの臭いが強くなるのが特徴です。薬により治療も効果的ですが、普段の食生活から症状を改善することも可能です。ドカ食い、早食いなど食べ方の悪いクセを見直したり、食物繊維の多いメニューを意識することで、腸の状態が次第に安定していきます。また、過敏性腸症候群は精神的な影響も大きいと言われます。仕事や家事などでのストレスを日頃から減らし、リラックスする時間を確保することが症状を抑えることにも役立ちます。

 

病気の可能性4「慢性胃炎

ピロリ菌の感染や、非ステロイド性抗炎症薬(ロキソニンなど)の副作用、慢性的なストレスなどで起こる慢性胃炎。胃の粘膜が弱まることで炎症が慢性的に繰り返され、一度治っても再発する頻度が高い病気です。胃の機能低下により、食べ物が消化不足で腸に溜まり、ガスが増えることがあります。ただ、この場合は、腸だけでなく胃に問題があるのが大きな特徴。胃の痛みや吐き気、膨満感、胃もたれ、胸やけ、吐き気、げっぷなどの症状がひどい場合は注意が必要です。