MENU

胃炎だとおならは臭くなるの?

胃腸の調子が悪いことで、おならなども臭くなる傾向があります。そのため、胃炎などの状態においても、胃腸の状態が悪化している可能性も高く、そのため、消化不良の状態、また、腸にガスなどが溜まりやすい状態の場合もあるでしょう。また、胃腸の状態の悪化は、腸内環境において悪玉菌が多いと考えられ、悪玉菌が腸内で増えていると、臭いなどが強まる傾向があります。胃炎の状態がどの程度かにもよりますが、できるだけ医療機関で診察を受け、治療をしてもらい早期回復をめざすといいでしょう。胃炎が治まり胃腸の状態が正常になることで、腸内環境も改善され、おならなどもあまり臭いがきつくならずにすむでしょう。
また、胃腸の状態をいい状態にキープしたい場合には、食生活などを改善することや、運動すること、そしてストレスの解消をしていくことが重要なポイントといえます。
食生活において、暴飲暴食をしたり、また、ダイエットなどによる過度な食事制限などをしてしまうと、胃や腸にかなりの負担をかけてしまうことになります。そのため、消化不良などを起こしやすくなり、腸内環境の悪化につながることもあります。また、芋や豆などをよく食べる方もいるでしょう。ですが、芋や豆は腸内で発酵しやすい食べ物であるということを覚えておきましょう。そのため、腸内でガスが溜まりやすくなり、おならが出やすくなるので、お腹が張りやすい、また、おならの臭いがきになるという方は、できるだけ食事内容を改善して、そのような事態にならないように心がけることも大切です。
次に、運動です。体を動かすことは、健康の維持につながります。適度に汗をかくことで、代謝機能の向上、発汗作用の正常化、肥満の予防や血流の改善にもなるでしょう。また、便秘などに悩む場合には、運動により胃腸を刺激することでにぶくなっている胃腸の動きをよくすることになり、スムーズな排便を促すことになります。便秘の状態が長期化することで、便が腸内に留まり、これが、腸内環境の悪化につながることにもなります。悪玉菌の増加、腸が便から水分を吸収しすぎてより便がかたくなり、これが痔の原因につながることもあります。また、腸内でガスが溜まりやすく、口臭などにも影響を及ぼすことも考えられ、そのような状況を回避するためには、便秘解消をすることが大切です。適度な運動、そして体を動かすことを定期的に行い継続していくことで、胃腸を刺激しスムーズな排便を促していきましょう。
運動といっても自分にできる範囲から無理なく始めることが大切です。激しい運動は、体に対して負担になり、筋肉などを痛めたり関節を痛める原因になることもあります。体を壊してしまうと、運動をするどころではなくなるため、まずは、ウォーキングなどの軽い運動から始めるといいでしょう。運動する習慣が身についたら、それに加えてそのほかの運動や軽く自分の好きなスポーツなどを休日に楽しむのもいいでしょう。体を適度に動かし汗をかくことで、ストレスの解消にもつながります。ストレスも便秘や胃腸の状態の悪化につながったり、下痢などの症状が出る場合もあります。ストレスを溜め込んでしまうと、精神的にもやや不安定な状態に陥り、うつ病などさまざまな病気にもかかりやすくなる傾向があるため、ストレスを溜めないように適度な運動をすることや、ゆっくりリラックスできる環境でくつろぐこともまた、大切なことです。悩みや不安、緊張といったことでもストレスは溜まります。そのため誰でもストレスを感じ生きているため、できるだけストレスを軽減したり、溜め込まない工夫を自分で考え、対策をすることでストレスが溜まらない生活環境を作り出すことが大切です。