MENU

緑茶を飲むとおならは臭くない

日本では、なじみの深い緑茶、食事の際やちょっとおやつを食べる時に飲むこともあるでしょう。お茶を飲むことで、カテキンやタンニン、ポリフェノールやカフェインなどの効果を得ることができるため、適度にお茶を飲むことは体の健康にもつながります。
カテキンによって、動脈硬化の予防、また血圧などの上昇をある程度抑える効果なども期待できます。また、細胞の老化などにもある程度防止してくれる効果が期待できます。また、ポリフェノールにより、コレステロールの吸収をある程度ふせいでくれるため、生活習慣病などの予防につながるでしょう。
また、カフェインなどによる利尿作用においては、むくみの解消につながることが期待できます。水分を摂りすぎてしまったり、また、老廃物が溜まりやすい状態の場合、利尿作用によりその状態をいくらか軽減してくれるため、足がむくみやすいなどの症状で悩んでいた場合には、ある程度改善が期待できます。
また、おならの臭いに悩んでいる方は、緑茶を飲むことで、カテキンによる作用により、腸内の善玉菌を増やすことに期待が持てるため、臭いなどもある程度抑えられると予測されます。
そのため、おならの臭いなどを軽減したいと考えるならば、定期的に緑茶を飲む習慣を身に着けるのもいいでしょう。ですが、飲みすぎてしまうと、カフェインの摂りすぎになりかねません。緑茶をある程度摂取することは、体にとっていい影響も与えますが、摂りすぎには注意しましょう。
また、その他にも、臭いなどが強まらないようにするために、胃腸への負担を減らし、腸内環境を改善していく事も大切です。そのためには、まずは食事の見直しから始めるといいでしょう。食事をすることで、体に必要な栄養を補うことができますが、食べすぎや飲みすぎにより胃腸が荒れてしまったり、腸内環境が乱れることもあります。また、肉などを多く食べたりするような偏食などをしている場合なども栄養の偏り、また脂分が多い食事は消化不良などにもつながります。消化不良の状態になると、便やおならの臭いがきつくなることがあるため、できるだけ、バランスのよい食事を心がけることも大切です。また、おならが出やすい場合には、芋や豆などを食事で多く食べている可能性があります。芋や豆も大切な栄養を含んではいますが、腸内で発酵しやすくガスが溜まりやすい状態を作り出してしまうのが難点といえるでしょう。おならに対して悩んでいる場合には、ある程度、その回数を減らすためにも、芋や豆の摂取量をある程度減らすことも必要です。
また、便秘などによっても、臭いが強くなることもあるため、便秘を解消していくことも重要です。便秘を解消していくためには、運動をする習慣を身に着けましょう。適度に体を動かし、特にお腹まわりを刺激するような運動を心がけることで、胃腸に対して刺激を与えることになり、胃腸の動きが活発化することができます。胃腸の動きが活発になることで、腸内に溜まっている便も排出しやすくなるため、ある程度便秘を解消する効果として期待できるでしょう。
便秘の状態では、腸内環境も悪化しやすく悪玉菌が増え、善玉菌があまり増えていない状態になりやすいため、臭いなども強まってしまうでしょう。食事で腸内環境を整えるため乳製品などを摂取することも大切ですが、それに加えて運動をして、腸内の動きを活発化させましょう。
運動をする場合には、軽い運動やストレッチなどからはじめ、ある程度体力がついたら、少し激しい動きのスポーツや、運動量を増やしてみたりしてもいいでしょう。最初から過度な運動をしてしまうと、体を壊してしまうこともあるため、段階的に運動量を増やしていくことが大切です。