MENU

おならが出やすい食べ物

おならが出やすい食べ物はたくさんあり過剰摂取はしないようにしたほうがいいです。腸内にガスがたまるとそれが原因となってでてきます。女性にとってはおならは大敵です。人の多い場所でガスを出したいのですが我慢をしてつらい思いをした方もおられるでしょう。ひとに臭いけどだれがおならをしたのと聞かれてしらんふりをしたり他の人に罪をなすりつけたりしたことがある人もいるはずです。この女性の大敵であるおならのでやすい食べ物などについて書きます。女性がデート中に大きい音でだしてしまい男性にふられる可能性もあるので普段からガスを出さないように注意したいものです。おならが出やすい人は胃が緊張しやすい人です。お腹の中でキューといったりグルグルという音がでることがありますが、あの音は腸がガスを出そうする準備音の可能性があります。あまりお腹がそういった音がではじめると注意したほうがいいです。まず腸内には腸内ガスはがあり腸内を刺激し、便を押し出すという大事な働きを担っています。腸内は悪者ではなく重要な物であるということも覚えておいた方がいいです。さてこのガスを発生させる食べ物は何かというとまずはアブラナ科の野菜があげられます。キャベツやブロッコリーや大根や小松菜などがあげられます。これを食べることでラフィノースが含まれており、腸でガスが作られやすい環境になります。食物繊維が豊富なのですが消化されにくくバクテリアが消化させようとしますその時にガスが発生します。つぎにあげられるのが豆類です。豆類にも食物繊維が含まれていて消化しにくい物質を含んでいます。この際にもバクテリアが消化しようとしてガスが発生します。ガスが多い方は前日の食べ物に豆類やアブラナ科の野菜を多く摂取していないかどうか疑ってみたほうがいいです。あまりに摂取しすぎるとガスのたまる原因にもなるので、気をつけたほうがいいです。つぎにあげられるのが果物類です。果物のリンゴなどには果糖やソルビットに加え繊維が多く、体内でガスができやすいです。リンゴの過剰摂取もガスを出す原因になるので注意しましょう。人間には乳製品を分解するラクトースという物質があるのですが、あまり量が多く無いためそのラクトースの物質が少ない方はお腹を下しやすいです。そのため乳製品を避ける方もおられます。普段から乳製品は多く摂取したいのですが、ガスを出す原因にもなるので過剰摂取は禁物です。牛乳もガスを発生させるので注意したほうがいいです。甘味料のコーンシロップも注意が必要です。菓子パンや炭酸飲料にもこのコーンシロップが使われているので、コーンシロップも気をつけておいたほうがいいです。肉類は直接的にはガスは発生させないのですが、その原因となるバクテリアを増殖させるはたらきがあるので、あまり摂りすぎるとガスの発生を助けることになるのであまり摂取しないようにしておきたいものです。次におならの臭さにつながる食べ物をあげます。肉類は硫黄成分が多く含まれているのでガスを臭くする性質があります。肉類はたくさん摂りたいと思うのですがガスを臭くさせる性質をもっているので注意したほうがいいです。食事が肉食中心であったり胃腸の状態が弱っていたりすると臭いもひどくなる傾向があるのであまり不規則な生活をしないようにすることも必要です。硫黄分が多いニンニクやたまねぎなどもガスの匂いを臭くするのであまり摂りすぎることはおすすめできません。回数は1日に10回から15回くらいは普通に出るものなので体に必要なものととらえましょう。そのかわりあまり出る回数が多いと困りものなので少しでも減らせるように食べる物を調整するなどしたほうがいいです。