MENU

おならをした時にお尻が熱くなる

おならをした時にお尻が熱くなるのは、一体何故だろうと不安に感じるでしょう。その熱を感じるというのは、実は悪玉菌が放つものであり、腐敗物質のガスが原因になっています。腸内には善玉菌と悪玉菌が共存をしていますが、どちらも必要なものであり、一定のバランスで保たれているからこそ、腸内は良い環境を維持できることになります。だから悪玉菌ばかりが悪者ではなく、その比率のバランスが整っていれば、本来はお腹の中も問題などはないわけです。しかしやはり、悪玉菌が多くなりすぎると、お腹の調子ばかりだけではなく、全身の健康状態を乱すのでよくはなくなります。

 

悪玉菌は増えすぎると良くはないものであり、アミノ酸や糖質にタンパク質を餌にしています。こうした餌がたっぷりとあることで、インドールに硫化水素、アンモニアなどの腐敗ガスをはなることになります。臭いガスが出てくるのはこのためであり、お尻が熱いと感じるのは、腐敗ガスが作られる時に、自然に発生をしている熱が要因となります。

 

腸内は丈夫でありながら繊細な面も持っていますので、おなかの中に悪玉菌が増加をすると、悪玉菌の方が善玉菌よりも優位になってしまいます。腸内の環境はよくない状況に変わるので、次第に便秘がちになったり、下痢になったりして調子が悪くなります。油断ができないのは、腸内の環境を悪いままにしておくと、腸内の病気になりやすくなります。大きな腸の病気としては、大腸がんになるなどのリスクと隣り合わせです。

 

ここからもわかるように日頃から、おなかの中に悪玉菌を増加させない生活をするのが重要となってきます。悪玉菌が増えるのは、たくさんのストレスを抱えてしまうのも良くないですし、なんといっても食事が悪いと悪玉菌はどんどん増えていきます。悪玉菌が好きな餌は、人間の健康にはよくないものが多いです。善玉菌の餌になる良い栄養を摂取するのは大事ですが、まずは悪玉菌の大好物の餌となるものを、極力入れないことです。

 

その代表格とも言えるのが精白された砂糖であり、悪玉菌もがん細胞も白い砂糖が大好きです。精白した砂糖であったり、パンなどの小麦粉類や白米などは、まさに糖質の塊であり、悪玉菌にとっては増殖のチャンスをフルコースで与えられているようなものです。そして砂糖などの糖質は、脳も大喜びをして依存性になるくらいに求めることになります。しかし脳は一時的な快楽のために砂糖を欲するだけであり、それが腸内の環境を乱すとか、体と精神的な健康を失うことを理解できないので、歯止めをかけることができません。

 

砂糖や白米に小麦粉類、レトルト食品や加工食品に食品添加物は、腸内環境を悪くして悪玉菌を増やしますし、健康を害して精神も破壊していきます。悪玉菌が増殖をしておなかの調子が悪くなるだけではなく、あかるいはずの未来にも影を落としかねません。砂糖は百害あって一利なしですし、白米を食べるなら玄米を少しよく噛んで食べる食事に切り替えたほうがいいでしょう。もはやパンに関しては、白い小麦使用のパンはやめる方が無難です。

 

腸内への翼はない食材の摂取を制限したら、腸内の環境をよくする食材を選びましょう。肉類は悪玉菌の餌になるので、腐敗ガスは多くなります。ただし食べ過ぎない程度に、野菜をたっぷり食べていただく分には悪くはありません。肉類や油物の食べ過ぎは、控えたほうがいいのは言うまでもないことです。

 

腸内を良い環境と変えるために、酵素とビタミンの多い生野菜を食べましょう。大根のすりおろしや、旬の野菜をサラダにしていただくと、酵素をたっぷりと取り入れることができます。発酵食品も善玉菌を増やすので、納豆やヨーグルトを食べるのもいいでしょう。