MENU

おならが硫黄の臭いがするのは何故

おならが硫黄の臭いがするのは何故だろうと、原因や病気なども気になってしまいます。腸内のおける健康のバロメーターですので、硫黄のような臭いには要注意です。腸内の臭いニオイというのは、血液の中へ移り体の表面へ出てきますので、ついでに体臭まで嫌なニオイになりやすいのです。

 

硫黄のような怪しいニオイに関しては、病気である可能性も潜んでいます。臭いのは血液の汚れに関わりますので、腸内に汚れた血液が広がってしまうと、悪臭が漂うことになります。壊死した細胞が腐敗をするのは大腸がんであり、その場合もかなりの悪臭を漂わせることになります。胃腸に炎症があったり、潰瘍があるときにもたくさんのガスが発生をしますので、ガスが出やすくなります。

 

よくわからない腹痛があったり、下血等があるなどの症状があった場合には、消化器科などを受診して専門の検査を受けたほうがいいでしょう。胃腸の潰瘍や炎症、大腸がんなどの可能性も、絶対にないとは言い切れません。

 

ほかにも疑わしい病気としては、膵臓や胆のうの病気や、尿路結石や肝臓の病気もガスがよくでます。もはやガスが出て止まらないとか、臭いガスの連続で出るようであれば、それは異変ですので病気を調べてみたほうがいいです。

 

大腸に関わる病気で、ガスが臭くなることはありますが、日常の食べ物でも臭くなることはあります。とても身近なメニューで言えば、餃子をたっぷりと食べた翌日は、周りから嫌な顔をされるくらいに、ガスがたくさん出ることがあります。餃子は美味しいですし、日本人も大好きな料理ですが、餃子の材料に臭い理由があります。それは餃子の材料には、硫黄分が含まれているためです。

 

人間のガスが臭くなるのは、硫黄分が多く含まれる食材を、たっぷりと食べることにも引き金はあります。代表格となる硫黄分たっぷりの食材といえば、にんにくやニラはもはや、言うまでもないほどの臭いの強烈な食材です。ほかにも玉ねぎや牛肉に羊肉、それから牛乳や大根もそうです。後はブロッコリーやキャベツなど、アブラナ科の野菜類にも硫黄分が多くなります。

 

ガスの改善のために、硫黄分を含まない食材だけを食べるというのは、人間の健康上も良いこととは言えないです。食べるタイミングと量をわきまえて、適量をいただくくらいがいいでしょう。血液をサラサラにするのは玉ねぎの強みでもありますし、オリゴ糖や食物繊維もあくさんです。だから玉ねぎ類は、悪玉菌よりも善玉菌を増やしてくれて、腸内も良い環境にしてくれます。

 

硫黄分というのは人間の体には必要であり、毛髪や年骨に爪などの多面も必須です。周りの人に迷惑のかからないように、週末に食べてみたりするなど、工夫をして食べるといいでしょう。ラインアップを見ても、疲労回復の効果があって、免疫力を高める栄養ばかりなので、適量を食べることです。

 

臭いニオイの原因として、おなかの中での悪玉菌が増殖をしてしまい、その腐敗臭が漂うということもあります。特に硫黄分の多い食べ物を過食したわけでもなく、病気の疑いもないとしたら、おなかの中では悪玉菌が優位になっている可能性があります。つまり腸内の環境が悪くなってしまい、悪玉菌が腸の中で大増殖をしているサインということです。ウェルシュ菌や大腸菌類の悪玉菌は、食事での食材を腐敗させるので、臭い腐敗ガスを出すことになります。

 

お腹の中の腸内細菌というのは、よいバランスが必要になります。そのバランスを上手く保つために、日常生活の中でも、腸内を健康にする努力をしていきましょう。夜は睡眠不足にならないように、よく眠ることです。食事では野菜や良い水をたっぷりと口にして、健康的な生活をすることです。